• 文字サイズ
  • 標準
  • 大
048-224-6200(受付:平日8:30~17:30)

HOME > 鋳物とは

鋳物とは

鋳物の分類

鋳物はその材質により、下記のように分類されます。

銑鉄鋳物

  • 普通鋳鉄
  • 球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄)
  • 可鍛鋳鉄(マリアブル)

鋳鋼

  • 普通鋳鋼
  • ステンレス鋳鋼

非鉄金属鋳物

  • 銅合金鋳物
  • 軽合金鋳物
  • ダイカスト

鋳物アラカルト

一般的に鋳物という名称がよく使われていますが、この”鋳物”というのは、金属を溶かして、砂の型に流し込んでできた製品を鋳物といいます。

鋳物の最大の長所は、いろいろな形状のものが、一体感のある製品に仕上がり、なおかつ重厚感や安らぎ感があります。実例をあげますと100年以上たっても、まだ健在な学習院の”鉄門”(国の重要文化財)は、サビが塗装材の役割(サビの浸食が止まる)を果たし、メンテナンスが不必要になり、丈夫で長持ちの代表的な例です。そのほか、お寺や神社に見られる防火用天水鉢などもあり、最近のものでは東京オリンピックの聖火台が健在です。

鋳物製品を作るためには、その前の準備として製品と同じ型をした模型を木材(何年も継続して同じ製品を作る場合は金型)で作ります。この模型を通称、木型(あるいは金型)と呼んでいます。この模型を作るには、彫刻家と同じような経験と技術が必要とされます。

鋳物は用途に応じて、材質の違う鋳物製品を選ぶことにより、景観をより引き立てることができます。

川口で作られている景観鋳物製品の材質の種類

1. 普通鋳鉄(FC)「鉄鋳物の一種」

強度はありますが、特別強度を必要としない製品に使われます。

2. ダクタイル鋳鉄(FCD)「鉄鋳物の一種」

危険防止のため強度を必要とする景観鋳物製品は、鋼と引張り強さが同じくらい強く、柔軟性もあるので、この材質が多く使われています。昔からマンホールや鋳鉄管等にも使われています。

3. アルミ鋳物(AC)

重量が鉄鋳物の3分の1の軽さなので、重量制限のあるところや、門扉のように扉の開閉をするような所。また一時的に移動し、元に戻すようなところの場合に使いやすさがあります。

4. ステンレス鋳物(SCS)

サビにくい材質なので、塗装をしないで使うことが多く、また、地肌を磨くことにより、光沢を出すこともできます。

5. 青銅鋳物(BC)「砲金ともいう」

銘板等では、地肌の部分と磨きをかけた部分では、金色で渋い色と、光った色になり重厚感があります。これも年数がたつと、風格のある緑青色になります。代表的なものでは公園等で見られる銅像(ブロンズ)などがあります。

6. 黄銅鋳物(YBSC)「真鍮ともいう」

ページの先頭へ